散骨を希望する人が増えている

subpage01

最近は、亡くなったらお墓に入るのではなく、散骨してほしい人が増えています。



お墓を購入するのも良いかもしれませんが、お墓を誰が守り続けるのかを考えると困ることがある人が増えています。
子供がいる人なら子供がお墓を守ることができますが、子供がいない人はそういうわけにはいきません。


また、子供がいても子供に負担がかからないようにしたいと思って代々伝わっているお墓を墓じまいしてしまう人も多いです。

散骨についての情報をまとめたサイトです。

今では、自分たちと近い場所に子供たちが必ずしも住んでいるとは限りません。
自分の家のお墓は地元にあるけれど、子供たちは都会に出ているので、お墓を守れないということもあってお墓に入らない人がかなり増えています。


また、お墓を購入するのも大変だと思っている人も多いでしょう。

@niftyニュースの優良サイトならこちらで見つかります。

海が好きだったから、海に散骨したいというようなことも多いです。ただし、自由に海に散骨できるわけではありませんから、葬儀社に相談してください。
今では希望者がとても多くなったので、かなり多くの葬儀社が取り扱っています。
または、なくなる前に自分でどこの葬儀社を利用すべきかを探しておくのも良いでしょう。お墓に入ることを選択する必要はありません。

自分が1番良いと思った方法を選んでください。

人気がありますし、お墓を作る必要がない散骨も良いでしょう。


遺灰の半分をお墓に、後は散骨するという人もいます。どうしたいのかを亡くなる前にじっくりと考えておいた方が良いかもしれません。